いよいよ、新型の5000形がお目見えのようです。

↓小田急 5000形 甲種輸送
https://www.tetsudo.com/topics/10487/

2020年度までに6編成60両が投入予定ですが、5000形の用途を予想してみました。

IMG_0412

1.8000形の置き換え
8000形は1982年の登場で、製造から間もなく40年を迎える車両が現れます。
小田急では、40年程度使用して廃車するのが一般的なので、8000形もそろそろでしょうか?

車体修理を呼ばれるリニューアルが完了して5年以上が経ちますが、最初に界磁チョッパ制御のままでリニューアルされた車両がリニューアルから15年以上が経過しているので、こちらが危ういのかもしれません。

DSC_3975

2.1000形ワイドドア車の置き換え

小田急では、ホームドアの設置が進行中ですが、1000形ワイドドア車は先頭車のドアの位置が異なるため、ホームドアのある区間では運用しないようになっています。

現在進行中の1000形のリニューアルの対象にもならず、淘汰されるかもしれません。

DSC_4050

3.輸送力増強

小田急では2018年に下北沢付近の複々線化が完成したことで、朝ラッシュ時の増発とスピードアップが行われました。さらに輸送力を増加させるべく、車両を増備したのかもしれません。

1~3のどれかというよりは、3つとも組み合わせ合わせ技で来るかもしれません。
今後の動向が注目されます。

鉄道コム
↑鉄道コムに戻る
https://www.tetsudo.com/blog/
↑鉄道ブログ直通
にほんブログ村 鉄道ブログへ
↑ポチッとよろしく

にほんブログ村